デリヘル嬢とのプレイ後に時間が余ってしまったら何をして過ごそう?

数ある中から貴方に合った最良のデリヘル店を定め、好みの女の子を部屋へ呼び、目一杯楽しむ為に十分な時間を取ったのは良いが思いの他早くプレイが終わってしまった。(イってしまった……)なんていう事も無きにしもあらず。そんな時、残りの時間をどう使ったら良いのか解説していきます。

プレイ後の余った時間の過ごし方あれこれ

楽しかったデリヘル嬢との時間に終わりが告げられる時がやってきました。もちろんこのまま延長して楽しむ事も可能なのは頭に入れておきましょう。

そこは臨機応変に対応するという事を念頭に置いて置くとして、もしもまだ時間に余裕があるのなら、もう一回プレイをお願いしてみるのも良いかもしれません。というのは、基本的にデリヘルは時間貸しの概念であり、支払った金額に対して「女の子とエッチな時間を過ごす」というものですから、もしも貴方が連続で射精のできる強靭な性欲の持ち主だとしたら、余った時間で即座に2回目のプレイをお願いしても良いかと思います。

そこで何も一回抜いたらそれで終わりと決めつけるのではなく、余った時間があるのならそれを有効活用する手はありません。時間内で何発でもヌけるるのであればヌけるだけヌいてしまうのも一つの手です。

2時間以上のロングコースを予約して制限時間内で何回ヌケるか!なんて事に挑戦しても面白いかもしれませんね。デリヘル嬢とのエッチな時間をお金で買うわけですから、買った時間は貴方のものです。

誰も貴方の絶対的な「その時間」に介入する事はできません。モラルと規約を守って楽しむ分にはいくらアホになっても誰からもお咎めを受ける事はありませんので心配ご無用です。

一緒にお風呂に入ってみる

これも女の子と楽しめる方法の一つなのですが、一緒にお風呂に入って楽しくイチャイチャ、エッチな事をお風呂場でしちゃいましょう。二人でゆっくりお風呂に浸かってまったりチルアウトを楽しむなんて正に恋人感覚にも浸れてしまいます。

こういう楽しみ方も余った時間に有効活用できますので、デリヘル嬢を呼ぶときは事前に湯船にお湯を張って置くというのも、後々を考えての無駄なく賢い行動かと思います。

とりあえずエッチしてヌイたしちょっと連続では厳しいかな!と思ったなら一緒にまったりお風呂に入ってまた性行為とは違った楽しみをエンジョイしてみましょう。これがきっかけで女の子との距離がエッチした時よりも縮まった!なんて事も大いに期待できる事でしょう。

プレイ後に慌ただしくシャワー浴びて「はい終わり!」なんて事務的に終わらすよりもよっぽど後味が良いものです。

雑談をしてみる

プレイしてみてこの子とはもう次はないかなぁと思ったらそれはそれで次を探せば良いのですが、この子好きになれそう!リピート決定!と当たりを引いたのならば雑談は次に繋げる最強の一手になります。。

雑談は決して時間稼ぎや暇つぶしの為だけに存在するものでは決してありません。デリヘル嬢も人間、一人の女の子なわけですから、親近感のある相手や好印象な相手、好みや趣味の会う相手になんかは彼女たちも一生懸命になるはずなんです。

次回その子を指名した時に、より良いサービスをしてもらう為、前回よりももっと深みのあるプレイをしてもらう為、余った時間を雑談に当てて有益なコミュニケーション作りをしてみてください。

ちょっとしたアドバイスをするとするならば、これは女性全般に言える事なのですが、相手の趣味を聞いたりして相手に同意してあげると好印象を持ってもらえる事が多いです。

「そうなんだ!俺もそう思うよ!」と君の言っている事は正しい!同感だ!と褒め称えて同意してあげるのは相手の好感度を引くのにとても有効な手段になります。

そこからお互いの共通点を探っていき、なければ作りましょう。心理学などで良く言われてるのが、相手と共通点があればある程行為を抱く確率が上がるそうです。

ともあれ心理学と偉そうに言われても「相手と共通点があればある程行為を抱く確率が上がる」なんて普通に考えれば当然といえば当然な訳なのですが、ここも意識して相手から好意を得られるようにするのが良いかと思います。

その他にも自分は毎日仕事でストレス溜まって疲れてるんだけど君のおかげで癒されたよ。ありがとう!と感謝の気持ちを思いっきり女の子に伝えるのも非常に効果的と言えるでしょう。相手の事を思いやってくれるとても優しい人なんだという事も伝わりますし、人間誰だって自分のしてあげた事に感謝されたら悪い気なんてしないものです。

お互いを尊重し合うという意味でも「相手を目一杯褒める」のはすごく重要な事のように思えます。

私生活でもこれが彼女を作る練習、予習になったりもする訳です。

プレー後のシャワーは絶対なので覚えておきましょう

プレイ後のシャワーに関してですが、シャワー時間もプレイ内容に含まれ流ので「いや、もうちょっと時間あるんだからもっとしようよー!」なんていうのはNG行動に含まれます。

なのでもし、そこでもうちょっとプレイしたいという気持ちが芽生えたら遠慮なく「延長」をしてそのままプレイ続行を楽しんで下さい。

シャワーを浴びながらイチャイチャするのは、デリヘル遊びの許容範囲に含まれますので、プレイ後のシャワーを一緒にしながら最後は気持ちよく終わりたいものです。

デリヘル嬢の連絡先交換についてどう思う?

俗にいうホステスクラブやスナック、キャバクラなんかでは連絡先交換は当たり前となっていて女の子の方からガンガン聞かれたりしますよね。しかしながらデリヘルにはキャバクラのように同伴したりアフターしたりなんていう話はまず聞きかないし、そもそもそういう概念がないので、仮に連絡先を交換したとしてもそれは「予約連絡用」としての連絡先交換になる可能性が高いかと思います。

連絡先を交換できたとしても、女の子から届くメールのほとんどは、ほぼほぼ「営業メール」になるのではないかと予測されるが、そういうものです。

もしもそのデリヘル嬢を本気で落としたい!プレイベートな付き合いがしたい!と思ったら何度もその子を指名して、その子との時間をお金で買いましょう。なにも貴方にデリヘルでお金を落とせと言ってる訳じゃありません。好きになってしまったそのお目当の女の子を落とすために今やれる事を精一杯実践してみようではありませんか。それは徒労に終わるかもしれない。そういう不安もあるかもしれませんが、ここは一つ納得するまで挑戦してみて、ダメだったら潔く諦めましょう。それが男というものです。

デリヘル嬢のあなたに対する印象は?

これは私生活でも言える事なのだが、プレイ後の客のデリヘル嬢へ対する態度の違いについて貴方はどう思いますか?一度エッチが終わってしまえばもう用済みだ!と言わんばかりの態度を取ってしまっていませんか?話すもの面倒だからさっさとシャワーを浴びて帰ってくれと、間違ってもその様な態度を取っていたとしたらそれは改める必要があります。

しかしながらそう言った態度で臨む輩も多いのは事実です。

だがそれでは他の客達と貴方とで差別化を測ることができなくなってしまう。もし貴方がその子を気に入って、次もリピートしたいと思うならば、できる限りその限られた時間の中で他の客とは違う!という印象を相手に持たせなければならないわけです。

誠心誠意を払って受けたサービスに感謝の気持ちを伝えれば、お値段以上の価値を必ずそこに見出せるはずです。